西高日記

   ホーム  >  西高日記  >  令和2年度 第75回 入学式に代えて

令和2年度 第75回 入学式に代えて

最終更新日 [2020年4月7日]  

 新型コロナウィルス感染症の感染防止のため、令和2年度第75回入学式を挙行することができませんでした。

 

 そこで、校長式辞を以下に掲載することで、福岡県立西田川高等学校全職員の入学生および保護者の皆様へのお祝いの言葉とさせていただきます。

 

 

 

令和二年度 第七十五回 入学式

 

式  辞

 

 

 満開の桜のあとに新緑が芽吹く、春のうららかな今日のよき日に、PTA会長長野謙司様、同窓会会長二田水秀夫様はじめ、多くの皆様から御祝いの御言葉をいただきながら、百十一名の新入生をお迎えできますことは、本校にとりまして大きな喜びです。


 保護者の皆様におかれましては、公私御多用の中、御来校を賜り、心から御礼申し上げます。

 本日、入学を許可いたしました百十一名の新入生のみなさん。入学おめでとうございます。

 

 本校は、大正五年に田川郡立田川高等女学校として設立、大正十四年に県立となり、昭和二十四年に現在の福岡県立西田川高等学校と改称されました。


 伝統あるわが校の百三年目の入学生のみなさんを、私たち教職員一同、心から歓迎いたします。本校は、先生方や先輩方との距離が近い、あたたかみがある学校です。卒業までの三年間、みなさんの想いや願いをしっかりと受けとめ、学業や部活動などが充実したものになるよう、応援していきます。

 


 さて、みなさんは、これからの新たな高校生活への期待に胸をふくらませていることと思います。


 しかしながら、入学式が式典の形で行われなかったこと、しばらく毎日登校ができないこと、全日制課程最後の入学生であることなど、不安に思うこともあるかもしれません。


 式典がなくても、みなさんを歓迎する想いは、誰にも負けません。しばらく毎日登校できませんが、みなさんをしっかりと支えたいという気持ちは誰にも負けません。そして、全日制課程最後の入学生であるみなさんには、西田川高校の魂を引き継ぐという大事な役割があります。誇りをもってその役割を果たしてほしいと期待しています。

 


 わが校の校訓「誠 敬 愛」は、西田川高校の伝統、西田川高校の魂でもあります。


 「誠」とは、誠実で、真心をもち、素直であること、「敬」とは、礼儀正しく、相手を尊敬すること、「愛」とは、自他を尊重すること、自分と相手を大切にする心です。


 高校にはルールがあります。ルールを守ることは、誠実であること、正直であること、つまり「誠」です。

 ルールは、自分を大切にするだけでなく、相手を大切にするためにあります。つまり、ルールを守ることは、相手への「愛」でもあります。


 本校では、朝の挨拶運動や、授業の開始時と終業時に「挨拶礼法」をおこなうなど、「挨拶」に力を入れています。「挨拶」は相手を尊敬する心、つまり「敬」を表す行為です。明るく気持ちの良い「挨拶」で、相手もあなた自身も幸せな気持ちになることができるでしょう。つまり「挨拶」は、自分と相手を大切にする心、すなわち「愛」です。


 校訓「誠 敬 愛」は、相手の立場に立って考え、行動することで、信頼される人に成長していくという、西田川高校の優れた理念を示しています。

 


 そして、もう一つ意識してもらいたいことがあります。


 それは、相手の良いところを発見すること、そしてそれを表現することです。相手の良いところを見つけて相手に伝えることは、相手をうれしい気持ちにするだけでなく、相手に信頼されることになるからです。また、相手の良いところを見つけることは、あなた自身の良いところを増やすことにつながります。良いところを探す心が、あなた自身を成長させてくれるからです。


 「自分らしさ」は、自分でつくり上げるものです。「自分らしさ」は、体験から生まれます。友人や先生方と体験したことについてふりかえり、語りあうことで、視野が拡がり、考えが深まり、「自分らしさ」が完成に近づきます。


 「自分らしさ」が見えてきたとき、自然と夢が明確になります。本校は、みなさんの夢をつくり、これを希望に変えて、叶えるための場です。


 高校生活では大変なこと、きついと感じることもあると思います。それを乗り越えようと努力しているその瞬間が、あなたを成長させています。

 


 最後になりましたが、保護者の皆様に、一言御挨拶申し上げます。本日はお子様の御入学、誠におめでとうございます。


 高校3年間は人生の方向を決定する大事な時期であり、悩みや苦しみの最も大きい時期でもあります。私たち教職員は、お子様をしっかりと指導・支援してまいります。


 お子様一人ひとりに、しっかりと自立してほしい、夢を叶えてほしい、幸せになってもらいたいという願いは、保護者の皆様も、私ども教職員も、もちろん子供たちも同じです。


 そのゴールのためには、学校と家庭がそれぞれの役割を果たしながら、協働していくことが大切と存じます。


 どうか私どもの想いを御理解いただき、御支援と御協力を賜りたいと存じます。

 


 教育環境の整ったこの学び舎で、充実した高校生活を送られますこと、そして生徒のみなさんの成長を心から期待し、式辞といたします。


令和二年四月七日

福岡県立西田川高等学校   
 校 長   宮 原  清 

 

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム
福岡県立西田川高等学校〒826-0023福岡県田川市上本町7番11号
Tel:0947-44-0313 Fax:0947-46-0451
福岡県立西田川高等学校
〒826-0023福岡県田川市上本町7番11号
Tel:0947-44-0313  Fax:0947-46-0451
福岡県立西田川高等学校